ボンキュートは副作用があるって本当?副作用が出た時の対処法を解説!

バストアップサプリで話題のボンキュートですが副作用について心配な女子も少なくないようです。今日はそんな女子のためにボンキュートの副作について分かりやすく記事にして更新したいと思います。

副作用が出やすいボンキュートの成分

まずボンキュートに入っている成分で副作用が出やすい成分についてまとめてみたいと思います。副作用が出やすい成分としては「プエラリアミリフィカ」「キャンドルブッシュ」「オリーブ抽出物」「プラセンタ」という成分が副作用が出る可能性がある成分となります。ではそれぞれの成分の副作用について説明していきたいと思います。

プエラリアミリフィカ

バストアップに効果的な成分であるプエラリアミリフィカの副作用については主に不正出血や生理不順や吐き気や頭痛などが挙げられます。これらの副作用の原因としてはプエラリアが女性ホルモンのエストロゲンと似ている作用があるため過剰摂取をしてしまうと拒絶反応を起こすことによって副作用が出てしまうようなのです。

万が一副作用が出てしまった場合は一旦服用を辞めたり服用する量を減らしてみたり食後に服用したりとする事で副作用が出にくくなるのでお試しください。

キャンドルブッシュ

ボンキュートSに配合されているキャンドルブッシュという成分の副作用については主にお腹が緩くなってしまうといった副作用があります。この副作用の原因についてはキャンドルブッシュ特有の便秘解消の効果が出すぎてしまっている場合に起こるケースが多いみたいです。

万が一ボンキュートSを服用して下痢が続いてしまう場合の対処方法は服用する量を減らす事をオススメします。

オリーブ抽出物

オリーブ抽出物という成分はキャンドルブッシュと同様にボンキュートSに配合されていて主にお腹が緩くなってしまうといった副作用があります。この副作用の原因はオリーブ独特の腸を活発にしてしまう作用が強く出てしまうといった場合に起こるみたいです。

こちらも下痢が続いてしまう場合などはボンキュートSの服用する量を減らしてみるなどの対処が一番有効な方法になります。

プラセンタ

最後にボンキュートPに配合されているプラセンタという成分の主な副作用は生理不順や出血量が増えるといった副作用が出る可能性があるみたいです。この副作用はホルモンのバランスの乱れが原因だったりしますが一概にプラセンタが原因というふうに判断が難しい場合が多いみたいなのです。

万が一上記の副作用が出てしまった場合は服用する量を減らしてみたり毎日ではなく1日おきに飲んでみるといった対処方法が必要になると思います。

以上がボンキュートを服用している際におこりえる副作用の情報でしたが下痢が続く場合は服用する量を減らしてみるなどで対処すればいいと思います。ただ不正出血や生理不順が続く場合はボンキュートの副作用ではなく子宮の病気やポリープやクラミジアが原因であることもあるみたいなので婦人科に行ってみる必要があると思いますので注意しましょう。

\\ボンキュートを詳しく解説//

ボンキュートの口コミ・効果の詳細はこちら